ビル管理会社の仕事内容3つと委託のメリットとは

ビル管理会社の仕事3つ

ビル管理会社と言うとどのような仕事をする会社でしょうか?ビルを管理すると言う言葉の意味は漠然としているため、具体的にどのような仕事をしているか書いてみたいと思います。
ビル管理会社の仕事の1つめは、ビルの空調設備、電気設備、給排水設備の点検や小修繕を行うことです。この仕事は、大きいビルになると常駐の管理員がいて、テナントから電話があると現場に駆け付けるようになります。小さいビルであると、常駐の管理員はいません。管理会社にいる管理員が電話があった際に駆け付け管理を行うようになります。特徴としては、基本は待機する仕事と言うことになります。
2つめは、清掃を行うことです。ビル管理会社は、通常清掃も行っています。清掃員が通常は半日程度各テナントや共用部分を清掃します。清掃員の仕事は、ポリッシャーや、ほうきを使って清掃するにはとどまりません。害虫の駆除も清掃員の仕事です。
ビル管理会社の仕事の3つめは、警備を行うことです。警備は、管理会社の警備員が警備員室に常駐して警備します。主に行う業務は巡回と、来客の受付です。業務としては、待機も多くなれるとどちらかと言うとルーチンの仕事になりやすいです。しかし、ビルによっては警備員が24時間待機しているビルもあります。

ビル管理会社への委託のメリット

みなさんはビル管理会社について知っているでしょうか。ビル管理会社はビルの設備の管理や清掃さらに警備までを持ち主に変わって管理する会社のことをいいます。ビル管理会社の大きさによってできる仕事の幅は変わってきますが、だいたい先ほど述べたことを業務としてこなします。ここではそんかビル管理会社に委託するメリットについて話していこうと思います。
まず事務的な作業が減ります。ビルの管理には色々なことがあって少しごちゃごちゃしている感じもあり、この事務作業には案外時間がかかってしまいます。もしビル管理会社に委託していればその手の作業を一手にやってくれるので、事務作業は軽減されます。さらにビルの管理で悩むこともないので、事務が仕事に集中しやすくなります。管理や清掃、警備などは細かなところなのですが、意外と大変な部分なのです。
さらに管理が効率化されることも大きなメリットだと思います。もし警備と管理を違う会社に委託すると業務はこなしてくれるけど、管理の面でいうとちょっとややこしいです。ですがビル管理会社なら全てのことを1つの会社でしてくれるので、管理状況の把握や連係がとりやすいです。これはオーナーからすればかなりありがたいと思います。ビル管理会社には様々なメリットがあるのでぜひ利用を検討してみてもいいのではと思います。

おすすめの情報

ビル管理会社の仕事内容3つと委託のメリットとは

続きを読む

安全面を管理しているビル管理会社のお仕事とは

続きを読む

サービス内容と実績を見て決めるビル管理会社

続きを読む